ホーム > 

次号予告 (JOHNS
耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

公式twitter

取り扱い書店

次号予告 (JOHNS耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

JOHNS35巻3号(3月号)
外来における嚥下のみかた
判型 B5
頁数 120
発行 2019年3月


定価:3,024円(税込) 販売予定

目次

【序論】
 嚥下障害の問題点……兵頭政光
 嚥下障害診療のアルゴリズム……藤本保志
 多職種との連携……高橋美貴
【外来での診察と検査】
 摂食嚥下状況に関する問診……露無松里
 注意すべき既往歴と基礎疾患……木村百合香
 嚥下機能に影響を及ぼす薬剤……二藤隆春
 認知症に伴う摂食嚥下障害のみかた……巨島文子
 身体機能の評価……谷口 洋
 嚥下関連器官の診察……津田豪太
 嚥下障害の簡易スクリーニング……清水充子
 嚥下内視鏡検査……長尾明日香
 嚥下造影検査……安達一雄
 小児の嚥下障害診療……益田 慎
 頭頸部癌治療後の嚥下障害診療……槇 大輔
【治療適応の判断と留意点】
 嚥下機能・疾患背景と治療適応……金沢英哲
 一般外来における経過観察と嚥下指導における留意点……河合 敏
 専門医療機関への紹介における留意点……唐帆健浩
 評価や治療の適応外と判断した場合の対応……鹿野真人
【治療】
 外来で行う摂食嚥下指導・訓練
  嚥下調整食と栄養に関するアドバイス……木村麻美子
  体位(姿勢)の工夫……廣瀬裕介
  口腔機能の訓練……井上 誠
  咽頭・喉頭機能の訓練……倉智雅子
  呼吸機能の訓練の役割……岡崎達馬
  嚥下パターンの訓練……加賀谷 斉
 外科的治療を勧める際の注意点……千年俊一

■連載
古典あれこれ……小川浩司
診療つれづれ……毛利光宏
外来診療における私の処置……笠井 創
わたしの研究歴……飯野ゆき子
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.