ホーム > 

通常号 (消化器内視鏡)

公式twitter

取り扱い書店

通常号 (消化器内視鏡)

消化器内視鏡26巻4号(4月号)
表在型Barrett食道腺癌の診断と治療戦略
判型 B5
頁数 160
発行 2014年4月

ISBN 978-4-88563-459-8

定価:4,320円(税込)
定価変更あり
在庫有り
カートに追加

目次

目次
 ■序説 表在型Barrett食道腺癌の研究視座の展開

【総論】
 ■Barrett食道腺癌の疫学―欧米との相違
 ■Barrett食道,Barrett腺癌の内視鏡診断の基礎
 ■表在型Barrett癌の病理組織像と病理診断
 ■表在型Barrett食道腺癌の治療戦略と治療方法

【各論】
 ■表在型Barrett食道腺癌の生検病理診断の問題点
 ■経鼻内視鏡でBarrett食道癌を診断できるか?
 ■表在型Barrett食道腺癌のスクリーニング内視鏡
 ■表在型Barrett食道腺癌の早期診断と鑑別診断
 ■表在型Barrett食道腺癌の深達度診断―現状と限界
 ■表在型Barrett食道腺癌の範囲診断―拡大観察の有用性と限界
 ■表在型Barrett食道腺癌における酢酸の活用術
 ■表在型Barrett食道腺癌の扁平上皮下進展と診断
 ■LSBE由来表在型Barrett食道腺癌の診断と治療戦略
 ■表在型Barrett食道腺癌のリンパ節転移と長期予後
 【症例報告】
 ■食道裂孔ヘルニア術後のLSBEに発生した表在型Barrett食道腺癌―内視鏡所見の遡及的経過観察
 ■表在型Barrett食道癌と胃噴門部癌との鑑別が難しかった食道胃接合部病変
 ■深達度診断が難しかった表在型Barrett食道腺癌
 ■表在型Barrett食道腺癌に対し内視鏡治療後経過観察中に発生した異時性多発食道癌
 ■ESD後リンパ節再発をきたした表在型Barrett食道腺癌
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.