ホーム > 

次号予告 (腎と透析)

次号予告 (腎と透析)

腎と透析92巻2号(2月号)
MGRS―血液内科との連携
判型 B5
頁数 150
発行 2022年2月


定価:3,080円(税込) 販売予定

目次

序文 MGRSを治る腎臓病にするために……長田道夫
【基礎】
 免疫グロブリンの産生系と分子構造……金丸由美
 免疫グロブリンの量的,質的異常……三輪哲義
 血清M蛋白の検出方法……花村一朗
 ALアミロイドーシスにおけるアミロイドの線維形成メカニズムおよびその病態……田崎雅義
 免疫グロブリンの異常に伴う多様な腎障害……今井裕一
 骨髄腫の剖検所見から見た腎障害の多様性……三輪哲義
【診断と治療】
 MGRSの概念……水野真一
 多発性骨髄腫:前段階と類縁疾患……佐藤広太
 骨髄腫腎―血液内科の立場……北舘明宏
 骨髄腫腎―血液内科との連携……鈴木 智
 免疫グロブリン性アミロイドーシス……眞鍋 俊
 クリオグロブリン血管炎……原 怜史
 MGRSに伴う糸球体疾患……小松田 敦
 MGRSに伴う尿細管間質疾患……原 理沙
【トピックス】
 IgM型ALアミロイドーシス……淵田真一
 MGRS,分子標的薬による治療……飯田真介
 MGRSに対する血液浄化療法……山本 泉
【座談会】
 MGRSの治癒を目指した連携……長田道夫,今井裕一,水野真一,鈴木一史,飯田真介
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.