ホーム > 

通常号 (JOHNS
耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

通常号 (JOHNS耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

JOHNS36巻2号(2月号)
気管切開術マニュアル
判型 B5
頁数 142
発行 2020年2月

ISBN 978-4-88563-528-1

定価:3,080円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
【総論】
 気管とその周囲の解剖……水田 匡信・他
 気管とその周囲の画像診断……藤田 晃史
 気管粘膜の生理と薬理……三輪 正人
【気管切開術とその周辺】
 気管切開術の歴史……堀口 利之
 気管切開術の適応……佐々木 徹
 気管切開術の術式……齋藤康一郎
 逆U字弁(Björk flap)をめぐって……市村 恵一
 気管切開術に影響を及ぼす病態とその対応
  気管軟化症……前田 貢作
  喉頭気管狭窄……杉山庸一郎
  気管腫瘍……児嶋 圭介・他
  喉頭・気管外傷……鈴木 真輔
  甲状腺疾患……森谷 季吉
 気管カニューレの種類とその選択……田中  是
 気管切開術の合併症……室野 重之
 気管腕頭動脈瘻の発生機序と対策……益田 宗幸・他
 乳幼児の気管切開術……及川 敬太
 輪状甲状膜穿刺・切開術……西  秀昭
 輪状軟骨切開術……鹿野 真人
 経皮気管切開術……峯田 周幸
 気管切開孔開大術……上羽 瑠美
 縦隔気管孔形成術……神山 亮介
 高位気管切開をめぐって……原  浩貴
 医療安全からみた気管切開術……有本友季子
 在宅での気管切開孔の管理
  耳鼻咽喉科の立場から……佐久間 康徳
  小児科の立場から……平井 康太

連載
■私のこの1冊
 耳科学アトラス/Pathology of the Ear……奥野 妙子
■診療つれづれ
 鼻処置を見直す……澤田 正一
■外来診療における私の処置
 鼻の処置9
  副鼻腔炎術後の処置1……中川 隆之
  副鼻腔炎術後の処置2……松脇 由典
■わたしの研究歴
 内耳ウイルス感染の研究―学位取得から留学まで……福田  諭
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.