ホーム > 

最新号 (周産期医学)

最新号 (周産期医学)

周産期医学50巻5号(5月号)
NICUから始まる小児在宅医療の新しい課題
判型 B5
頁数 140
発行 2020年5月


定価:3,190円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
〈総論〉
 NICUから始まる小児在宅医療……田村 正徳
 医療的ケア児の定義と年次推移……奈倉 道明
〈各論〉
 周産期からNICU退院まで
  NICU退院支援看護師からみた在宅移行支援……今井 ゆか
  NICUからの在宅移行準備……側島 久典
  NICUからの退院支援カンファランス……伊藤百合香
  NICU/GCUを退院する児とその家族の支援推進へのスタッフ教育……布施 明美
  医療的ケア児が利用できる医療福祉制度……又村あおい
  人工呼吸器とモニター
   日本呼吸療法医学会:小児在宅人工呼吸療法マニュアル……松井  晃 他
   在宅でのモニター……奥野 安由 他
 多職種連携
  相談支援専門員の資格と役割……福岡  寿
  小児科クリニック(NICU OBの立場から)……長谷川 功
  居宅訪問型児童発達支援を実践して得られた多職種連携の知見……黒木 健太 他
 退院後の支援
  日本医師会の取り組み……松本 吉郎
  次子の妊娠出産支援,兄弟姉妹への配慮……近藤 正子 他
  高度医療的ケア児の短期入所の課題……内多 勝康
 新たなる課題
  災害対策
   ブラックアウト……土畠 智幸
   避難所問題について……大木  茂
  動く医療的ケア児
   障害福祉施設における受け入れの課題……北住 映二
   見守り度の評価法……前田 浩利
   危険早期発見のためのAI開発を目指して……藤田 孝之 他
 教育機関での看護師による高度医療的ケア児と保護者支援
  訪問看護師の活用……岩本彰太郎
  文部科学省の学校での取り組み……高田  哲
 地域で取り組む小児在宅医療支援とその課題
  関東―神奈川県立こども医療センターが地域と協働して取り組む子どもたちの在宅医療……星野 陸夫
  関西……江原 伯陽
  九州……落合 正行

研究 産婦人科における長時間労働の要因に関する検討―日本産婦人科医会勤務医部会全国調査より―……中井 章人 他

症例 免疫性血小板減少症母体より出生し血小板減少症を呈した姉妹例……三上 華奈 他
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.