ホーム > 

通常号 (周産期医学)

通常号 (周産期医学)

周産期医学50巻6号(6月号)
いま求められる周産期生命倫理の知識
判型 B5
頁数 124
発行 2020年6月


定価:3,190円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
〈総論〉
 バイオエシックスをめぐる世界の状況―COVID-19に直面して……木村 利人
 遺伝子操作と人間の尊厳……盛永審一郎
 医療資源の配分問題―正義論の視座から……井上  彰
 周産期をめぐる生命倫理の特徴……仁志田博司
 優生思想の歴史と今……加部 一彦
〈各論〉
 NIPT
  検査の問題点……左合 治彦
  日本産科婦人科学会からのアプローチ……久具 宏司
  日本小児科学会からのアプローチ……奥山 虎之
  ダウン症の生命倫理……玉井  浩
 強制不妊手術(優生手術)……齋藤有紀子
 生殖医療
  子宮移植……木須 伊織 他
  着床前診断……鈴森 伸宏
  提供精子による非配偶者間人工授精(AID)……久慈 直昭
 臨床倫理
  新生児の治療拒否への対応……保条 成宏
  子どもの終末期医療・緩和ケアの実際……船戸 正久 他
  話し合いのガイドライン……笹月 桃子
  臨床倫理コンサルテーション……板井孝壱郎
  医療チームによる倫理カンファレンス―MCDを中心に……服部 健司
 外国と日本の周産期生命倫理の違い
  生殖補助医療―着床前スクリーニング検査(PGT-A)に焦点をあてて……高橋しづこ 他
 研究倫理
  人を対象とする医学系研究に関する倫理指針と臨床研究法……河原 直人

研究 先天性心疾患合併児の早期幼児期の成長発達予後……鈴木 由芽 他
研究 入院中の妊婦における良性発作性頭位めまい症の発症要因についての検討……森 美奈子 他
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.