ホーム > 

小児のてんかん 原書第2版

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

小児のてんかん 原書第2版

小児のてんかん 原書第2版
監訳 丹羽真一(福島県立医科大学神経精神科教授)

判型 B5
頁数 494
発行 2001年01月

ISBN 978-4-88563-128-3

定価:13,200円(税込) 在庫無
在庫がありません

 てんかんは乳幼児期や小児期に見られる神経的問題の中では最もありふれたものである。
 本書は,一般の家庭医や小児科医あるいは小児神経科医に,こうした小児てんかんの最近の知見を,特に臨床面に重点を置いて紹介することを目的とし,導入部にてんかんの定義,およびてんかん発作とてんかん症候群についての最新の分類総説である。次に,実際の主訴の多くを占めている種々のてんかん発作型を記載し,臨床発作型によらず患者の特性や原因の性質,別に例えば新生児や乳幼児に特有な発作や,発熱,脳腫瘍,奇形に伴う発作について述べ,最後に,てんかんの多くに共通する予後や診断そして治療について包括的に述べてある。本書は西欧諸国では好意的に受け入れられており,けいれん性疾患をもつ小児の診断と治療の進歩に寄与できるものと考える。

目次

1.てんかんの概観と定義 
2.てんかんとてんかん発作の分類 
3.点頭てんかんと関連症候群 
5・6.乳児期および小児期早期・小児期後期および思春期のミオクロニーてんかん 
8.定型欠伸発作をもつてんかん 
10.単純部分発作をもつてんかん 
12.発作性疾患をもつ後天性失語症候群 
13.新生児発作 
14.乳児てんかん 
15.熱性けいれん 
17.てんかん重積状態 
19.外傷性てんかん 
21.診断と鑑別診断 
22.総合的予後 
23.治療の一般原則 
24.内科的治療 
25.外科的治療,など

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.