ホーム > 

別冊 (腎と透析)

別冊 (腎と透析)

腎と透析 89巻別冊アクセス2020
第23回 日本アクセス研究会より
Happy Access!

編集 日本アクセス研究会

判型 B5
頁数 288
発行 2020年11月


定価:3,410円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
 序……川西 秀樹
●シンポジウム
 VA合併症の管理
 循環動態を考慮したシャント血流管理(700人の維持透析患者から)……大崎 慎一・他
 腹膜透析カテーテルの留置
 カテーテル挿入術の現状―誰が入れるか 教育とトレーニング―……櫻田  勉
 カテーテル留置術の実際①開腹術marginal gainを求めて……横山 由就・他
 経皮的腹膜透析カテーテル留置術……野垣 文昭・他
 腹膜カテーテル関連手術における麻酔管理についての検討……西澤 欣子・他
 EBMから考えるVA管理
 エコーを活用したVA管理……山本 裕也・他
 バスキュラーアクセスを長持ちさせるための工夫・管理
 シャントマッサージはアクセス開存率を改善出来るか?……安藤 博子・他
 尺側皮静脈転位内シャント(Basilic vein transposition)の是非―AVGとの比較―
 当院の尺側皮静脈転位内シャント(BVT)の考え方―AVGと比較して―……中村 智宏・他
 Arteriovenous grafting:AVG……江口 大彦

●ワークショップ
 Making Gender Equality
 シャントエコーを通しての患者との関わり―透析看護師の立場から―……小川  歩・他
 透析クリニックで働く私の思う男女共同参画―現在・過去・未来―……種田 美和
 頻回・長時間透析におけるバスキュラーアクセス
 「長時間透析+自由食+低血流量」治療法におけるシャント開存率……金田 史香
 在宅血液透析のバスキュラーアクセス……陣内 彦博・他
 コメディカルが考える穿刺~VA管理
 STSを活用したVA管理……谷川浩太郎・他
 穿刺困難例におけるエコーガイド下穿刺―エコーガイド下穿刺10年の経験より―……平山 遼一・他
 エキスパートはこう考える~一側肢でいかにシャントを長持ちさせるか
 頻回PTA必要例に対する治療戦略……若林 正則
 シャントを長持ちさせる人工血管での治療戦略……甲斐耕太郎・他
 早期穿刺可能な人工血管の適切な使い方
 当院でのソラテック使用法……日野  裕
 実験からみたソラテックの特徴と適切な使用法……四宮 敏彦
 シャントによる心不全
 シャントは心不全の原因となっているか?……室谷 典義・他
 内シャントによる心機能への影響について……佐藤  暢・他

●ランチョンセミナー
 人工血管手術のこだわり
 人工血管 私の吻合方法……中村 智宏
 バスキュラーアクセス長期開存の工夫~Philips AngioSculpt PTAの意義~
 短期再狭窄病変に対するAngioSculpt PTA balloon(AGS)を用いたslow inflation……堀田 祐紀・他

●スポンサードセミナー
 音にこだわる!電子聴診器によるバスキュラーアクセス管理《音故知新》
 電子聴診器によるAVG音の機能評価―音圧レベル(INDEX)と上腕動脈血流量およびVAIVT適応との相関―……宮本 雅仁・他
 電子聴診器によるAVF管理―音圧レベル(INDEX)と上腕動脈血流量およびVAIVT適応との関係―……末光浩太郎・他

●口 演
 血管超音波(エコー)
 バスキュラーアクセスにおけるエコー機器の使い分け―透析室へのポータブルエコー導入10年の経験より―……下池 英明・他
 バスキュラーアクセスにおけるエコーを有効に活かすための環境整備・教育―エコー機器使用15年の経験より―……下池 英明・他
 バスキュラーアクセスの管理・穿刺・VAIVTにおけるエコーの有用性―エコー機器使用15年の経験より―……下池 英明・他
 超音波検査を用いた透析施行中におけるVA血流機能評価の検討……菊地香奈子・他
 当院でのシャントエコー指導の問題点,改善点―臨床検査技師・診療放射線技師の立場から―……乙藤 徳人・他
 バスキュラーアクセスの治療適応決定・治療法決定におけるエコーの役割―治療適応別にエコーの役割を考える―……乙藤 徳人・他
 入職早期よりのバスキュラーアクセスエコー教育……藤田 晃弘・他
 R-C AVFにおける橈骨動脈高度狭窄症例の検討―理学所見では異常が無くVAエコーで異常を確認した症例―……松田 政二・他
 カテーテル
 当院で経験したカフ型カテーテルにおける2例のフィブリンシース合併症……山田 将平・他
 入院期間が長期化したカフ型カテーテル使用症例の検討……柴原 奈美・他
 カフ型カテーテル適応の新しい考え方―BridgeからVoyageへ―……内野  敬・他
 カフ型カテーテルをbridge useとして使用した際の機能不全について―Palindrome Precisionの場合―……柴原 奈美・他
 カフ型カテーテルにおける再循環率に関する検討……若林 マリア・他
 カフ型カテーテルでの透析導入に際する透析室看護師による指導について……須田 春香・他
 当センターでの非カフ型カテーテル使用について……窪田  彬・他
 パリンドロームプレシジョンの挿入方法―セルジンガー法について―……柴原  宏・他
 消毒薬がカフ型カテーテルに与える影響……望月 賢一・他
 カフ型カテーテル使用症例におけるピュアバリアによる皮膚状態の変化について……小尾  学・他
 大腿静脈挿入緊急時ブラッドアクセス留置用カテ―テルのCTによる検討……百瀬 昭志・他
 VAIVT
 慢性閉塞病変の治療戦略……森   優・他
 VAIVT後早期に閉塞をきたす症例の解析とその対策……森田 さやか・他
 自己血管内シャントの血栓閉塞VAIVT後の開存期間の検討……森本  章・他
 Distal radial artery approach(DRA)にてVAIVTを行った吻合部近傍静脈シャント狭窄および前腕部橈側皮静脈慢性完全閉塞の2例……堀田 祐紀・他
 ステントグラフト留置後も頻回PTAが必要であった一症例……黒澤  洋・他
 穿刺によると思われる閉塞に対するウロキナーゼ投与時に仮性瘤を形成し,VAIVTにて加療した人工血管の1例……平山 遼一・他
 VAIVT関連合併症の検討……下池 英明・他
 中心静脈閉塞症による静脈高血圧症に対するステント留置術の実際と治療成績……江口 大彦・他
 VAIVT成功後,早期閉塞を呈する症例の検討―VAIVT後早期閉塞症例では必ずしもVA再建が必要ではない―……下池 英明・他
 閉塞症例・血栓を伴う狭窄症例におけるエコー下VAIVTの有用性―安全・スピーディーな手技が可能で高い成功率となる―……下池 英明・他
 エコー下VAIVTの有用性―安全でスピーディーな手技が可能である―……下池 英明・他
 当院における3カ月ルール導入後のVA治療―VAIVTにより多くの症例で同一VAの継続使用が可能である―……下池 英明・他
 AVF
 同一AVFを10年以上使用している血液透析患者の検討……鬼塚 史朗・他
 タバチエール内シャントを再考する……大川 博永・他
 血液透析可能であった経皮的冠動脈形成術後の医原性動静脈瘻の1例……大谷  恵・他
 表在化
 エコーガイド下穿刺導入後の表在化動脈の予後―ポータブルエコーを用いてのエコーガイド下穿刺開始後10年の経験より―……下池 英明・他
 上腕動脈表在化手術の工夫―皮下トンネル法……渡辺 浩志・他
 PDカテーテル
 若手腎臓内科医に対する動画を用いた腹膜透析関連手術教育の取り組み……小島 茂樹・他
 VA(その他)
 バスキュラーアクセスとしての直接穿刺について……渋谷 陽平・他
 バスキュラーアクセス困難症により外頸静脈を長期間使用した1例……風呂 正輝・他
 血液浄化療法における内頸静脈,大腿静脈直接穿刺時の脱血不良に関する検討……森本 一弘・他
 当院におけるシャントマッサージの導入後のスタッフおよび患者の意識変化……加藤 基子・他
 エコー下穿刺
 当院のエコー下穿刺の現状と今後の課題―エコー下穿刺からの脱却へ向けて―……村上 康一・他
 エコー下穿刺不成功症例の検討……平山 遼一・他
 穿刺・その他
 血液透析用穿刺針の先端構造の違いがブタ静脈血管に与える影響……高橋 良光
 エコーガイド下穿刺プログラム指導を継続すると穿刺ストレスは低減するか?……福岡 幸子・他
 バスキュラーアクセス管理における臨床検査技師・診療放射線技師の役割……乙藤 徳人・他
 VA合併症
 非カフ型カテーテルを使用した血液透析導入はヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia;HIT)の発症を誘発する……宮富 良穂・他
 バスキュラーアクセストラブルに伴う入院関連機能障害HAD:Hospitalization Associated Disabilityの現状……鈴木 志穂・他
 当院におけるシャント瘤形成術施行例の検討……白鳥  享・他
 バスキュラーアクセストラブルにおける対処方法の検討……佐久間宏治・他
 腎移植レシピエントにおけるシャント閉鎖術についての考察……長沼 俊秀・他
 鎖骨下静脈の閉塞後人工血管でのcephalic to external jugular vein bypassでAVFを温存した経験……二瓶  大・他
 上腕動脈分岐部の血栓塞栓によりシャント不全に至った2症例……山本 裕也・他
 モニタリング
 バスキュラーアクセス閉塞症例の閉塞前のFV,RI,狭窄部径および閉塞誘引について検討―閉塞における閉塞誘引改善の重要性について―……乙藤 徳人・他
 東レ社製透析監視装置TR-3000MAの動脈圧測定機能を用いたバスキュラーアクセス管理……内藤 憲二・他
 AVG
 粗補強ポリウレタングラフトの当院における用途とその有用性……中川 芳彦・他
 透析用アクセスとしての4-6mmテーパー型と5mmストレート型グラフトの比較検討……内野  敬・他
 Graft in Vein(GIV)法の標準術式……杉原 裕基・他
 『右大腿人工血管閉塞後に感染発症し部分抜去術後の異時性感染再燃の1例』および『当院人工血管感染手術症例の検討』……飯田 潤一・他

●ポスター
 VA合併症
 繰り返すシャント不全に対し左上腕~左内頸静脈グラフト移植術を選択せざるを得なかった症例……青山 博道・他
 PTA時のガイドワイヤー迷入による仮性動脈瘤の1例……石井 公祥・他
 VAにおけるエコー
 シャント狭窄に対する拍動係数(PI)の有用性の検証……上村  薫・他
 VAIVT・留置カテーテル
 パリンドローム プレシジョンVA機能について―長期使用症例における検討―……吉田 昌浩・他
 AVG・その他
 血圧低下による急性シャント閉塞の検証……桑田比砂江・他
 静脈転位による内シャントの臨床学的検討……大森  聡・他
 VA関連教育・モニタリング
 タブレット端末を用いた穿刺指導とVA管理……高橋 秀宜・他
 バスキュラーアクセス(VA)トラブルの早期発見―ブラッドボリューム(BV)計の活用―……大熊美智代・他
 当院におけるCEの穿刺教育……望月 由紀子・他
 当院における病棟スタッフ向けSTS勉強会について……曽我部光弥・他

Key words INDEX
日本透析アクセス医学会定款
日本透析アクセス医学会役員一覧
編集後記……吉田一成
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.