ホーム > 

限局性血管条障害

限局性血管条障害

限局性血管条障害
著者 星野知之(浜松医科大学耳鼻咽喉科学教授)

判型 B5
頁数 102
発行 1999年05月

表紙難有り

ISBN 978-4-88563-120-7

定価:3,300円(税込) 在庫無
在庫がありません

 感音性難聴の原因は不明なものが多く,特に患者数の多い突発性難聴の原因については,数 10 年の間確定されることなく現在に至っている。
 血管条の変化は長期間限局しており,小範囲の慢性的変化は機能に変化は起こりにくいが,広範囲になると機能低下が起こる。変化した血管条は内リンパ組成などに変化をきたしていようが,ラセン器有毛細胞の生存に大きくは影響しない。急性変化では,小さなものでも発現する部位により,他部位の EP 変化の可逆性,部位による多様性の変化を作り出すことができ,突発性難聴の病態を考える良い材料になると考えられた。
 本書は,このような蝸牛の血管条障害について,形態学的,生理学的に検討を加えこの問題を追求したものである。

目次

第 1 章 血管条の構造と機能

第 2 章 ヒト側頭骨標本でみられる血管条障害

第 3 章 血管条を含む蝸牛管側壁の限局性障害

第 4 章 限局障害における機能の変化

第 5 章 先天性血管条発育不全ラット—White spotting rat:Ws

第 6 章 突発性難聴と限局性血管条障害

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.