ホーム > 

最新号 (小児内科)

最新号 (小児内科)

小児内科53巻12号(12月号)
新生児・小児蘇生法の不易流行―ガイドライン改訂を支える研究論文
判型 B5
頁数 134
発行 2021年12月


定価:3,080円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
序―不易流行……島袋林秀
〔総論〕
JRC蘇生ガイドライン2020の意義……野々木宏
人類の蘇生法の歩み……浅井 隆
NCPRにおけるシミュレーション基盤型教育の教育設計理論……嶋岡 鋼
〔各論〕
小児一次・二次救命処置
 小児の一次救命処置……小林 匡 他
 小児の評価アプローチへの考え方……上村義季 他
 呼吸窮迫・呼吸不全の認識と管理……齊藤 修
 ショックの認識と管理……長井勇樹 他
 不整脈(徐脈性・頻脈性)の認識と管理……岩﨑秀紀 他
 心停止の認識と管理……鉄原健一
新生児蘇生法
 JRC新生児蘇生ガイドライン2020の改訂ハイライト……諌山哲哉
 蘇生アルゴリズムの概念……杉浦崇浩
 蘇生準備(蘇生の予測・準備,感染対策,ブリーフィング)と初期処置……加藤丈典
 呼吸・心拍の評価法―聴診・心電図・SpO2モニタなどの評価方法……水本 洋
 酸素投与と人工呼吸―遅延なき有効な人工呼吸,酸素濃度,適正な人工呼吸である評価と対策……北野裕之
 胸骨圧迫と人工呼吸のコンビネーション―胸骨圧迫の効果判定も含めて……和田雅樹
 臍帯遅延結紮と臍帯ミルキング……細野茂春
 薬物療法と輸液路―早期アドレナリン投与の重要性,血管路確保……草川 功
 低体温療法―日本の現状と効果,海外の状況も含めて……柴崎 淳
 蘇生の中断―CoSTR/JRC蘇生ガイドラインでの考え方の変遷も含めて……德久琢也
〔トピックス〕
改訂に影響を与えた日本からの発信論文と概説―小児……池山貴也 他
クリニックで重症患者にいかにPALSを実践するのか……梅原 実
小児二次救命処置(PALS)の強みと限界―病態論と疾患論……小松充孝
改訂に影響を与えた日本からの発信論文と概説―新生児……細野茂春
新生児蘇生法の海外への普及活動……嶋岡 鋼

・研修医のためのクリニカルクイズ[第225回]
 症例:6歳 女児,主訴:顎が腫れて痛い……依田恭尚 他
・症例
 ロタウイルス胃腸炎に筋炎を合併した2例……星野柚紀 他
 急性副鼻腔炎から波及したと考えられる硬膜下膿瘍の1例……岩田直也 他
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.