ホーム > 

増刊号 (小児内科)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増刊号 (小児内科)

小児内科2008年40巻増刊号
小児疾患診療のための病態生理1 第4版
※改訂版発行(【全3巻】2014年~2016年増刊号)
『小児内科』 『小児外科』 編集委員会共編
判型 B5  
頁数 1574 
発行 2008年12月


定価:14,667円(税込) 在庫無
在庫がありません

目次

序 岩田 力

I.総論
1.痒み病態生理 生駒晃彦
2.Phrmacogenomicsと小児医療 山本武人・他
3.シグナル伝達と疾患,治療 宮本 幸・他
4.エビジェネティクスと疾患 中尾光善
5.EBM−基本的なことや注意すべきこと 浦島充住
6.特別支援教育における小児科医の役割 石崎優子
7.小児医療体制の現状と将来 藤村正哲
8.分子標的療法 今川智之・他

II.呼吸器疾患
1.呼吸不全 上田康久
2.かぜ症候群 阿部時也
3.先天性喘鳴 鹿田昌宏
4.クループ症候群 原 真人
5.気管支炎,細気管支炎 今井大洋
6.感染性肺炎 佐藤吉壮
7.胸膜炎 岡田賢司
8.吸引性肺炎 中島千賀子
9.無気肺,中葉症候群 福島崇義
10.原発性線毛機能不全 宮川知士
11.閉塞性細気管支炎 山田裕美
12.過敏性肺炎 松田健志
13.好酸球性肺炎 足立雄一
14.特発性間質性肺炎 肥沼悟郎
15.急性呼吸窮迫症候群 望月博之
16.肺水腫 高瀬真人
17.肺ヘモジデローシス 樋口昌孝
18.肺塞栓症 髙田慶応
19.気管狭窄,気管軟化症 横山美貴
20.嚢胞性肺疾患,肺分画症 菊池信太郎・他
21.気胸,縦隔気腫 王 康雅
22.睡眠時無呼吸症候群 今井丈英
23.乳幼児突然死症候群 加藤稲子・他

III.循環器疾患
1.胎児うっ血性心不全 廣瀬彰子・他
2.うっ血性心不全 山田 修
3.出生後の動脈管閉鎖機転とその異常 梶野浩樹
4.低酸素発作 田中高志
5.心房中隔欠損症−部分肺静脈還流異常症を含む 白石裕比湖
6.房室中隔欠損 渋谷和彦
7.心室中隔欠損症 村上智明
8.動脈管開存 林 憲一
9.大動脈肺動脈窓 坂口平馬
10.冠動静脈瘻 須田憲治
11.肺動脈(弁)狭窄症 桃井伸緒
12.末梢性肺動脈狭窄 檜垣高史・他
13.大動脈弁・弁下・弁上狭窄 小山耕太郎
14.大動脈縮窄・大動脈弓離断(複合) 糸井利幸
15.先天性僧帽弁(弁上)狭窄 田内宣生
16.三心房心 森 善樹
17.肺動脈弁閉鎖不全,肺動脈弁欠損症 松島正氣
18.先天性僧帽弁閉鎖不全 小林俊樹
19.僧帽弁逸脱症 三宅俊治
20.大動脈弁閉鎖不全症 福島裕之
21.FALLOT四徴症 小林富男
22.肺動脈閉鎖 星野健司
23.三尖弁閉鎖 朴 仁三
24.Ebstein奇形 城戸佐知子
25.総肺静脈還流異常 中島弘道
26.総動脈幹遺残 渡辺 健
27.完全大血管転位 総崎直樹
28.両大血管石室起始 鎌田政博
29.単心室−両房室弁同室挿入を含めて 大月審一
30.左心低形成症候群 安河内聰
31.無脾・多脾症候群 稲村 昇
32.修正大血管転位 丹羽公一郎
33.右室二腔症 豊田直樹・他
34.大動脈弓の異常(血管輪) 賀藤 均
35.冠動脈の先天奇形 田中靖彦
36.肺動静脈瘻 太田邦雄
37.PA sling 佐藤誠一
38.原発性肺高血圧 三谷義英
39.肺静脈性肺高血圧 遠藤雅人
40.Eisenmenger症候群 土井庄三郎
41.上室性頻拍,心房粗動,心房細動 豊原啓子
42.心室頻拍,心室細動 立野 滋・他
43.WPW症候群 岩本眞理
44.QT延長症候群 安田東始哲
45.Brugada症候群 堀米仁志
46.房室ブロック 牛ノ濱大也
47.洞不全症候群 市川理恵・他
48.心臓震盪 武者春樹・他
49.感染性心内膜炎 我那覇仁
50.心膜炎 寺田一也
51.拡張型心筋症 片山博視
52.肥大型心筋症 市田蕗子
53.拘束型心筋症 小垣滋豊  
54.心筋炎 萱谷 太
55.心内膜線維弾性症 西川俊郎
56.孤立性心筋緻密化障害 二瓶浩一・他
57.心臓腫瘍 塩野淳子
58.心タンポナーデ 三浦 大・他
59.川崎病の循環器合併症 石井正浩
60.本態性高血圧 菊池 透
61.起立性調節障害 松島礼子
62.肺性心 木下義久

IV.消化器疾患
1.胃食道逆流症 宮沢麗子・他
2.胃・腸軸捻転 塚原央之・他
3・胃炎,消化性潰瘍−H.pylori感染を含む 中山佳子
4.乳児肥厚性幽門狭窄症 余田 篤
5.腸回転異常症 世川 修
6.先天性消化管閉塞症(腸閉鎖・狭窄症) 石丸哲也・他
7.乳幼児期の下痢症 豊田 茂
8.吸収不全症候群 位田 忍
9.蛋白漏出性胃腸症 鍵本聖一
10.メッケル憩室 土岐 彰
11.腸重積症 田中芳明・他
12.急性虫垂炎-腹膜炎を含む 藤澤卓爾
13.クローン病 新井勝大
14.潰瘍性大腸炎 今野武津子
15.過敏性腸症候群 清水俊明
16.消化管ポリープ,ポリポーシス 関 祥孝・他
17.Hirschsprung病 小笠原有紀・他
18.臍帯ヘルニア 腹壁破裂 高見澤 滋
19.特発性新生児肝炎およびシトリン欠損による新生児肝内胆汁うっ滞 田澤雄作
20.肝内胆汁うっ滞 長谷川誠・他
21.急性肝不全 虫明聡太郎
22.A型肝炎 長田郁夫・他
23.B型肝炎 田尻 仁・他
24.C型肝炎 乾あやの・他
25.自己免疫性肝炎 十河 剛・他
26.肝硬変 田川学
27.肝腫瘍(肝細胞癌と良性腫瘍) 大和靖彦・他
28.脂肪肝とNASH 虻川大樹
29.胆道閉鎖症とAlagille症候群 後藤健之
30.原発性硬化性胆管炎 河島尚志
31.先天性胆道拡張症,膵・胆管合流異常 漆原直人
32.門脈血管異常症 橋本卓史
33.体質性黄疸 丸尾良浩
34.Ductal plate malformation 寺澤総介
35.急性膵炎 鈴木光幸

V.内分泌疾患
1.成長ホルモン分泌不全性低身長症 西 美和
2.複合型下垂体機能不全症 田島敏広
3.下垂体性巨人症 田中敏幸
4.SHOX遺伝子異常症 深見真紀
5,リンパ球性漏斗神経葉炎 齋籐 宏・他
6.間脳症候群 鈴木絵理・他
7.Kallmann症候群,中枢性性腺機能不全 佐藤直子
8.中枢性尿崩症 有阪 治
9.SIADHとCSWS 望月 弘
10.思春期早発症 伊藤純子
11.McCune−Albright症候群 佐野伸一朗
12.思春期遅発症 磯島 豪・他
13.先天性甲状腺機能低下症 濱島 崇
14.慢性甲状腺炎 佐々木望
15.急性および亜急性甲状腺炎 大津成之・他
16.甲状腺機能克進症 宮田市郎
17.原発性副甲状腺機能低下症 田中弘之
18.偽性副甲状腺機能低下症 皆川真規
19.原発性副甲状腺機能克進症 山本威久
20.先天性副腎皮質過形成症 藤枝憲二
21.ACTH不応症と副腎低形成症 勝又現行
22.原発性アルドステロン症 里村憲一
23.偽性低アルドステロン症 齋 秀二・他
24.Addison病 茂木 陽25.Cushing症候群 木崎善郎
26.褐色細胞腫 香川二郎
27.性分化異常 佐々木悟郎・他
28.原発性性腺機能低下症 緒方 勤
29.Testotoxicosis 室谷浩二

VI.腎・泌尿器疾患
1,急性糸球体腎炎 池住洋平
2.紫斑病性腎炎 田中亮二郎
3.溶血性尿毒症症候群 郭 義胤
4.急速進行性腎炎 幡谷浩史・他
5.膜性増殖性糸球体腎炎 川崎幸彦
6.膜性腎症 秋岡祐子・他
7.巣状糸球体硬化症 新村文男
8.IgA腎症,増殖性糸球体腎炎 吉川徳茂・他
9.ネフローゼ症候群
a.先天性・乳児ネフローゼ症候群 綾 邦彦
b.ステロイド感受性・依存性ネフローゼ症候群 伊藤秀一 c.ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群 飯島一誠
10.Alport症候群 伊東達雄
11.尿路感染症 塚原宏一
12.VURと逆流性腎症 近田龍一郎・他
13.腎尿路奇形 粟津 緑
14.多発性嚢胞腎 中西浩一・他
15.水腎症 島田憲次・他
16.Dent病 関根孝司
17.腎性低尿酸血症 五十嵐隆
18,腎性尿崩症 森本哲司・他
19.腎・尿路結石 有賀誠司
20.シスチン尿症 赤倉功一郎・他
21.高カルシウム尿症 西尾利之・他
22.Bartter症候群とGitelman症候群 野津寛大
23.Fanconi症候群 田中弘之
24.腎尿細管性アシドーシス 渡辺 徹
25.間質性腎炎 和賀 忍
26.急性腎不全 高橋英彦
27.慢性腎不全 上村 治
28.腎性高血圧症 白髪宏司
29.夜尿症 金子一成
30.神経困性勝胱 佐藤裕之・他

VII.感染症
1.菌血症および敗血症 澤 文博
2.溶血性レンサ球菌感染症 西順一郎
3.劇症型A群レンサ球菌感染症 友野順章
4.髄膜炎菌感染症 大嶋寛子
5.ブドウ球菌感染症 坂田 宏
6.肺炎球菌感染症 黒崎知道
7.インフルエンザ菌感染症 石和田稔彦
8.モラキセラ・カタラーリス感染症 成相昭吾
9.百日咳,パラ百日咳 小太刀康夫
10.病原性大腸菌感染症 芦田 明・他
11.サルモネラ感染症 大宜見力・他
12.赤痢 内田 寛・他
13.緑膿菌感染症 杉田久美子
14.エルシニア感染症 森川 悟
15.破傷風 中野貴司
16.ボツリヌス症−乳児ボツリヌス症を中心に 赤坂真奈美・他
17・カンピロバクター腸炎 小松陽樹・他
18.ヘリコバクター・ピロリ感染症 小松陽樹・他
19.コレラ 菅沼明彦
20.結核および非結核性抗酸菌症 森 雅亮
21.レジオネラ症 新庄正宜
22.クラミジア感染症 織田慶子
23.マイコプラズマ感染症 成田光生
24.猫ひっかき病 塚原正人
25.腸炎ビブリオ感染症 右田琢生
26.ライム病 橋本喜夫
27.リステリア感染症 小林健一郎
28.麻疹 庵原俊昭
29.風疹,先天性風疹症候群 宮崎千明
30.伝染性紅斑 要藤裕孝
31.突発性発疹症 吉川哲史
32.単純ヘルペスウイルス感染症 伊藤嘉親・他
33.水痘・帯状疱疹 高山直秀
34.サイトメガロウイルス感染症 前田明彦・他
35.EBウイルス感染症 木村 宏
36.ロタウイルス 牛島廣治・他
37.流行性耳下腺炎 西村直子・他
38.インフルエンザ 菅谷憲夫
39.RSウイルス感染症 堤 裕幸
40.ポリオおよびポリオ様麻痺 中野貴司
41.手足口病,ヘルパンギーナ 細矢光亮
42.アデノウイルス感染症 細矢光亮
43.日本脳炎 寺田喜平
44.伝染性軟属腫 佐々木敦子・他
45.肝炎ウイルス 大塚岳人
46.ノロウイルス感染症 瀬戸俊之
47.HTLV−I感染症 川上 清
48.HIV感染症(AIDS) 森内昌子・他
49.デング熱,デング出血熱 水野泰孝
50.Q熱 近藤謙次
51.腎症候性出血熱 有川二郎
52.つつが虫病 岸本寿男・他
53.真菌感染症 橋井佳子
54.寄生虫症 渡邊直熙
55.トキソプラズマ症 村林督夫
56.マラリア 中村(内山)ふくみ・他
57.梅毒 梁 尚弘
58.レプトスピラ症 後藤哲志・他
59.ニューモシスチス感染症 本田裕子・他

VIII.免疫・アレルギー疾患
1.BTK欠損症 金兼弘和・他
2.BTK欠損を伴わない無ガンマグロブリン血症 峯岸克行
3.分類不能型免疫不全症 山崎崇志・他
4.高IgM血症を伴う低ガンマグロブリン血症 野々山恵章
5.IgGサブクラス欠損症とIgA欠損症 深尾敏幸
6.高IgE症候群 峯岸克行
7.重症複合免疫不全症 久間木悟
8.DiGeorge anomaly 高見沢勝
9.Wiskott−Aldrich症候群 今井耕輔
10.Ataxia telangie ctasiaとその類縁疾患 金子英雄
11.アデノシンデアミナーゼ欠損症・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ欠損症 有賀 正
12.X連鎖リンパ増殖性疾患 大坪慶輔・他
13,自己免疫性リンパ増殖症候群 笠原善仁
14.Omenn症候群 谷内江昭宏
15.慢性肉芽腫症と他の好中球殺菌能異常−好中球減少症を含む 岡田 賢・他
16.白血球接着異常症と他の遊走能異常症 小林信一
17.Chédiak−Higashi症候群 安井耕三
18.インターフェロンガンマ受容体異常症と類似疾患 高田英俊・他
19.先天性補体欠損症 原 寿郎
20.新しく報告された免疫不全症 今井耕輔
21.気管支喘息 吉原重美
22.アトピー性皮膚炎 高増哲也
23.アレルギー性鼻炎 星岡 明
24.食物アレルギー 柳田紀之・他
25.アナフィラキシー 赤澤 晃

IX.リウマチ性疾患とその周辺疾患
1.リウマチ熱 前野伸昭
2.若年性特発性関節炎 森 雅亮
3.全身性エリテマトーデス 今中啓之
4.若年性皮膚筋炎/多発性筋炎 小林一郎
5.強皮症 今川智之・他
6.結節性紅斑 和田靖之
7.血管炎症候群 小林法元・他
8.Henoch−Schönlein紫斑病 稲毛康司
9.川崎病 寺井 勝
10.Stevens−Johnson症候群 相原道子
11.抗リン脂質抗体症候群 山西愼吾・他
12.混合性結合組織病 佐伯敏亮・他
13.Sjögren症候群 富板美奈子
14.Behçet病 藤川 敏
15.自己炎症症候群 西小森隆太・他

X.境界領域疾患
1.斜視 久保田伸枝
2.反対咬合 佐々木洋
3.急性中耳炎 島田 純・他
4.難聴−新生児聴覚スクリーニングとその成果 三科 潤
5・副鼻腔炎 林 達哉
6.口蓋扁桃とアデノイド肥大−とくに手術適応について 達富真司・他
7・蕁麻疹,接触皮膚炎 馬場直子
8.虫刺症 山本雄一

付録
浦上達彦・他
1)日本小児食事摂取基準
2)体表面積の算出法
3)特殊ミルクの組成
4)デンバー発育評価表
5)Tanner性成熟度判定の図
6)小児標準身長・体重(最新版)
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.