ホーム > 

増大号 (消化器内視鏡)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増大号 (消化器内視鏡)

消化器内視鏡22巻9号(9月増大号) 【現品限り】
救命・救急と内視鏡
※タイミングによりお品切れの場合がございます。その際はメールにてご連絡させていただきますので予めご了承くださいませ。
判型 B5  
頁数 252
発行 2010年09月

ISBN 978-4-88563-416-1

定価:5,500円(税込) 在庫僅少
カートに追加

目次

目次
序説 -Rescure Endoscopyとは-

【総 論】

救命・救急における内視鏡の役割
救命救急内視鏡の安全管理ーインフォームド・コンセント,セデーション,モニタリング,救急カートなど
救命救急内視鏡における感染管理
夜間および休日における救命救急内視鏡診療体制-スタッフの確保

【各 論】

Ⅰ.消化管出血
 消化管出血に対する診断・治療戦略
〔出血性ショックを伴う消化管出血に対する内視鏡の役割-輸血によってショックが改善する場合と改善しない場合,輸血拒否例〕
 上部消化管
 下部消化管
 小腸出血
〔重篤な合併症を有する消化管出血患者に対する内視鏡の役割〕
 血小板減少(血液疾患や化学療法)を伴う消化管出血の対応
 抗血栓療法(抗凝固薬・抗血小板薬)を受けている患者における消化管出血の対応
 意識障害を伴う消化管出血の対応
 心筋梗塞急性期の消化管出血への対応
 重傷熱傷に伴う消化管出血の対応
 外科手術後の消化管出血の対応
 非代償期肝硬変患者における食道胃静脈瘤破裂の対応
 小児の消化管出血の対応
 胆道出血に対する内視鏡の役割
 膵疾患に伴う出血に対する内視鏡の役割

Ⅱ.急性腹症・外傷
 強い腹痛を訴える患者の対応と内視鏡の役割
 消化管穿孔(右横隔膜下遊離ガス)を認める場合の内視鏡の役割
 腸閉塞(消化管狭窄)に対する内視鏡の役割
 胃軸捻転症に対する内視鏡の役割
 S状結腸捻転症に対する内視鏡の役割
 急性胆嚢炎に対する内視鏡治療
 急性閉塞性化膿性胆管炎の対応-EBD vs PTBD
 急性膵炎における内視鏡の役割-胆石性膵炎,膵仮性嚢胞など
 外傷性膵損傷に対する内視鏡の役割

Ⅲ.誤飲・誤嚥
〔毒物服用に対する内視鏡の役割-胃洗浄 vs 血液濾過〕
 大量の睡眠薬,抗うつ剤,抗精神病薬
 自然毒(フグ毒,毒キノコなど)
 農薬(パラコート,有機リンなど)
 消化管異物に対する内視鏡の役割-緊急性のある場合とない場合,小児例,小腸異物など
 気道閉塞に対する内視鏡の役割

Ⅳ.医原性偶発症
〔EMR・ESDの偶発症に対する内視鏡の役割〕
 食道
 胃ESDにおける偶発症(穿孔,出血,狭窄)の特徴とその対処法
 十二指腸
 大腸
 ESTの出血
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.