ホーム > 

増大号 (消化器内視鏡)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増大号 (消化器内視鏡)

消化器内視鏡23巻3号(3月増大号)
「達人の技」─胆・膵
判型 B5  
頁数 260
発行 2011年3月

ISBN 978-4-88563-422-2

定価:5,500円(税込) 在庫無
在庫がありません

目次

目次
 序説 達人のこだわり

【ERCP関連】
[これが私の胆管挿管法]
 通常法―胆管挿管法の基本理論と実践
 通常法―選択的胆管挿管法の基礎
 Wire-guided cannulation―処置具の選択と基本的手技
 Wire-guided cannulation―ガイドワイヤー先行カニュレーション法
 膵管ガイドワイヤー留置法―両手の協調手技
 膵管ガイドワイヤー法―コツとピットフォール
 通常型パピロトームによるシンプルプレカッティング―膵管括約筋切開術(PSP)
 Precut―時代とともに変わってきた手法
 胃術後消化管再建例に対する前方斜視鏡を用いた胆道ドレナージ術―Billroth-II法再建例を中心に
 消化管再建術後例でのスコープ挿入法・カニュレーション―ダブルバルーン内視鏡を用いたERCP(DBERCP)
 胆挿管―きみにもできる!胆挿管
 胆挿管―内視鏡的経乳頭的胆内挿管
[これが私の観察法・撮影法]
 ERCP―診断を容易にする撮影法
 ERCP―実は撮影された写真が命
 POCS―私のコツ
 POCS―経口胆道鏡の観察法とそのコツ
 POPS―標準的検査法と手技のコツ
 POPS―きれいな内視鏡画像を撮るために
 PTCS―明瞭な内視鏡画像を得るために
 PTCS―PTCS所見とその評価
[これが私の検体採取法]
 経乳頭的胆管・膵管生検―生検と細胞診の使い分けを含めて
 経乳頭的胆管・膵管生検―診断率向上を目指した検体採取
[これが私の治療法]
 EST―安全・確実な切開の実際とリスクマネージメント
 EST―安全で確実な内視鏡的乳頭切開術
 EPBD―安全なEPBDのコツ
 EPBD―総胆管結石におけるEPBDの適応と成績
 EBD―ドレナージ法の選択とガイドワイヤー操作のコツ
 EBD―病態に応じたドレナージ戦略
 膵管ステンティング―慢性膵炎に合併した膵仮性胞・膿瘍に対するENPD・EPSによる治療
 膵管ステンティング-経乳頭的仮性胞ドレナージを含めて

【EUS関連】
[これが私の観察法・撮影法]
 超音波内視鏡:ラジアル型―ラジアル型超音波内視鏡を理解するために
 超音波内視鏡:ラジアル型―EUS解剖理解のためのトラブルシューティング
 超音波内視鏡:コンベックス型―プローブ軸の方向を常に意識する
 超音波内視鏡:コンベックス型―内視鏡的超音波カラードプラ法を加えた胆膵領域の実践的走査法
[これが私のEUS-FNA]
 検体の採取と取り扱い
 充実性膵腫瘍に対する検体採取率向上のための工夫
[これが私の治療法]
 膵仮性胞ドレナージ―内外瘻のコツとNecrosectomy
 EUSガイド下膵胞ドレナージ―ネクロゼクトミーを含めたポイントと偶発症予防,トラブルシューティング
 超音波内視鏡ガイド下胆道ドレナージ術―安全かつ確実に行うためのコツ
 胆道ドレナージ―EUSガイド下胆管ドレナージ術の手技とコツ
 EUSガイド下腹腔神経叢ブロック/融解術
 腹腔神経叢ブロック術―より安全で効果的なEUS-CPNを目指して

【その他】
 十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術
 内視鏡的乳頭切除術―臨床的価値の高い治療法であるために

【コラム】
 膵炎の予防は十二指腸液を微量たりとも膵内へ注入しないこと
 ERCP後膵炎を防ぐ基本手技
 パピロトーム開発のころ
 早期癌診断に明け暮れた日々
 膵管ドレナージの開発
 外科手術も内視鏡処置も「次の手」を常に頭に描いて臨むこと
 乳頭部に対しては,観音様を拝むがごとく
 方法論としての内視鏡
 ERC不成功例のCT検査
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.