ホーム > 

増大号 (JOHNS
耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増大号 (JOHNS耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

JOHNS28巻3号(3月増大号)
小児の耳鼻咽喉科108の疑問
判型 B5  
頁数 330 
発行 2012年3月

ISBN 978-4-88563-333-1

定価:5,500円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
発 達
 聴覚はどのように発達するのか?
 言語はどのように発達するのか?
 鼻・副鼻腔はどのように発達するのか?
 嗅覚・味覚はどのように発達するのか?
 平衡機能はどのように発達するのか?
 免疫系・リンパ組織はどのように発達するのか?
聴 覚
 新生児聴覚スクリーニングはなぜ必要なのか?
 新生児聴覚スクリーニングの結果と精密検査の結果は一致するのか?
 骨導閾値検査は信頼できるか?
 治る難聴,治せる難聴,治せない難聴は?
 難聴の原因で多いのは?
 難聴遺伝子はどこまで解明されたのか?
 先天性難聴と後天性難聴,何歳頃何が発症?
 auditory neuropathyの診断と治療のポイントは?
 伝音難聴の原因の効果的な診断法は?
 言語習得前の難聴は言語発達に影響するのか?
 言語発達遅滞では何を考え,何を検査するのか?
 ムンプス難聴に治療が必要か?
 進行性難聴にステロイド投与は有効か?
 補聴器はいつから装用するのか?
 髄膜炎後の両側高度難聴の人工内耳手術の時期は?
 人工内耳はどの難聴児にも有効か?
 心因性難聴は治療が必要か?
耳疾患
 赤ちゃんの耳垢はなぜ多いのか?
 乳幼児の滲出性中耳炎に治療は必要か?
 急性中耳炎と滲出性中耳炎の急性期は鑑別できるか?
 ウイルス,起炎菌によって急性中耳炎の鼓膜所見は違うのか?
 難治性・反復性中耳炎になりやすい素因は?
 ガイドラインに基づいた急性中耳炎の治療はどうするのか?
 反復性中耳炎に対し鼓膜換気チューブは有効か?
 鼓膜換気チューブはいつ抜去したらいいのか?
 一側性外耳道閉鎖・狭窄症に手術は必要か?
 両側性小耳症の耳介形成術と外耳道・鼓室形成術の手術タイミングは?
 慢性化膿性中耳炎の手術時期は?
 先天性真珠腫は急いで手術すべきか?
 真珠腫性中耳炎は成人より再発しやすいか?
 中耳炎の耳性合併症に手術は必要か?
 小児の鼓室形成術は成人とどのように違うのか?
 耳小骨奇形はいつごろ手術をするのか?
 小児のめまいでは何を考えるか?
 乗り物酔いの相談にはどう答えるか?
 肺炎球菌ワクチンで中耳炎が防げるか?
鼻・副鼻腔疾患
 乳幼児の鼻閉,鼻汁の原因と対策は?
 鼻閉に対する保存療法と手術は?
 鼻呼吸障害の弊害は?
 乳児に鼻副鼻腔炎はあるか?
 急性鼻副鼻腔炎においてウイルス性か細菌性かの鑑別は?
 ガイドラインに基づいた小児急性鼻副鼻腔炎の治療はどうするのか?
 慢性鼻副鼻腔炎の診断と対応をどうするのか?
 マクロライド療法の効果と限界は?
 上顎洞性後鼻孔ポリープの病態とその対応は?
 乳幼児のアレルギー性鼻炎の特徴と対応は?
 アレルギー性鼻炎の低年齢化と増加の現状にどう対応するか?
 小児の抗原特異的免疫療法(減感作療法)はどこまで期待できるか?
 副鼻腔の手術(ESS)の適応は?
 副鼻腔炎合併症の原因と対応は?
 鼻出血の病態とその対応は?
 後鼻孔閉鎖の病態と対応は?
 鼻中隔脱臼の診断と対応は?
 若年性鼻咽腔血管線維腫への対応は?
口腔・咽頭疾患
 舌小帯短縮症は手術すべきか?
 粘膜下口蓋裂の診断と対応は?
 構音障害にはどのように対応するのか?
 イビキの病態と対応は?
 急性扁桃炎と溶連菌感染症の診断と治療は?
 慢性扁桃炎,反復性扁桃炎の対策は?
 アデノイド切除術,口蓋扁桃摘出術の適応は?
 睡眠時無呼吸症候群の診断と対応は?
 乳幼児の口蓋扁桃手術の問題点は?
 咽後膿瘍の病態と対応は?
 扁桃病巣疾患に口蓋扁桃摘出術は有効か?
 口内炎の特徴は?
 赤ちゃんの指しゃぶりの功罪は?
 がま腫への対応は?
 反復性耳下腺炎への対応は?
喉頭・気管疾患
 新生児期,乳児期の喘鳴で緊急を要するものは?
 喉頭奇形の診断と対策は?
 気道狭窄疑いの乳児はどのように検査をするか?
 両側声帯麻痺で気管切開すべきか?
 喉頭軟弱症は経過観察でいいのか?
 声門下狭窄の手術はいつ行うか?
 声門,声門下など気道の血管腫に手術を行うか?
 急性喉頭蓋炎で緊急に行うことは?
 急性声門下喉頭炎の治療はどうするか?
 小児の嗄声にどう対応するか?
 小児の安全な気管切開はどのようにするのか?
 カニューレ抜去困難症,長期気管切開児への対策は?
 反復性嚥下性肺炎には手術か保存療法か?
 GERDは中耳炎や副鼻腔炎に影響するのか?
 喉頭乳頭腫症で術後の再発予防策は?
顔面・頸部疾患
 先天性耳瘻孔の手術はいつすべきか?
 正中頸胞の再発しない手術法は?
 リンパ管腫はどのように治療するか?
 顔面の血管腫はどのように治療すべきか?
 顔面外傷への対応は?
 乳幼児の顔面神経麻痺にステロイド薬や手術は必要か?
 甲状腺腫にどう対応するか?
異 物
 耳や鼻の異物のスムーズな摘出方法は?
 気道異物・食道異物のスムーズな摘出方法は?
その他
 周産期の耳鼻咽喉科診療で求められるものは?
 学校保健で重要なことは?
 乳幼児健診で重要なことは?
 小児に必要なワクチンとは?
 虐待児の可能性があったらどうする?
 心因性疾患への対応は?
 小児頭頸部悪性腫瘍の特徴と対応は?
 小児耳鼻咽喉科診療におけるリスクマネジメントとは?
 小児耳鼻咽喉科診療における救急疾患とは?

■古典あれこれ
 耳鼻咽喉科学のパイオニア 世界編 鼻科学3
  Markus Hajek
■診療つれづれ
 花粉飛散調査と花粉症の診療
■疾患と病態生理
 感冒後嗅覚障害
■手術手技
 私が愛用する手術器具99
  頭頸部腫瘍手術のための手術器具-低侵襲かつ機能温存を図る手術をめざして
■症例をどうみるか
 特異な経過をたどった喉頭癌の1例
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.