ホーム > 

増大号 (JOHNS
耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増大号 (JOHNS耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

JOHNS30巻9号(9月増大号)
こんなときどうする!
判型 B5  
頁数 280
発行 2014年9月

ISBN 978-4-88563-363-8

定価:5,280円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
耳科学・聴覚領域
 低音障害型難聴だが,骨導値が安定しない!
 会話ができるが純音聴力レベルは高度難聴!
 純音聴力レベルに比べて語音明瞭度が極めて低い!
 耳鳴ピッチ・マッチ検査で類似音が見つからない!
 鼓膜は正常だが伝音性難聴?
 低音障害型感音難聴だが診断に迷う!
 耳小骨筋反射後に耳鳴が生じた!
 耳垢が固まってとれない!
 外耳道異物の摘出で鼓膜に穴が開いた!
 鼓膜チューブが鼓室内に落ちた!
 鼓膜チューブを留置して2年!
 MRSAによる耳漏が止まらない!
 通気ができない!
 鼓室洞に入り込んだ真珠腫が見えない!
 アブミ骨が見つからない!
 アブミ骨がとれてしまった!
 高位頸静脈球からの出血が止まらない!
 顔面神経が傷ついた!
 側頭骨天蓋硬膜から髄液がもれた!
 突発性難聴の診断だが重度の糖尿病がある!
めまい・平衡医学・顔面神経領域
 赤外線CCD カメラで微細な頭位眼振がみられた。他の平衡機能検査所見は正常である!
 検査したいが,めまいと嘔気が強くて座位にもなれない!
 めまいを訴える6歳男児の検査を依頼された!
 温度刺激検査と頭振り眼振検査の結果が解離している!
 前庭障害を疑うが温度眼振検査で正常だった。前庭機能障害はないのか?
 病歴からは外リンパ瘻が疑われる症例。感音難聴があるがまったく眼振を認めない。前庭は正常なのか?
 めまいを伴う急性感音難聴の症例。Ⅲ度の眼振を認める。突発性難聴か? メニエール病か?
 外側半規管型BPPVの症例。方向交代性上向性眼振が見られたが2分後に方向交代性下向性眼振へと変化した。何が起こっているのか?
 頭位性めまいを訴える60歳の男性。頭位変換眼振検査の懸垂位で下眼瞼向き眼振が見られた!
 発症後3週目のBell麻痺症例。ENoG検査で10%以下であった!
 BPPV例にEpley法を施行したが,直後からふらつきが出現した!
 繰り返す後半規管型BPPV症例。Epley法は一時的には有効だが,すぐ再発する。手術は希望していない!
 所見なく原因不明のめまい患者が投薬を希望している!
 前庭神経炎症例。強いめまいは消失したが,ふらつき感がとれない!
 内リンパ囊開放術を施行中だが,内リンパ囊が見つからない!
 真珠腫による外側半規管瘻孔症例の手術中である。瘻孔から真珠腫上皮が容易に剝離できない!
 めまいコントロール不良のメニエール病例で,患側は良聴耳である。めまいを治したい!
 6歳の特発性顔面神経麻痺例で完全麻痺!
 妊婦の特発性顔面神経麻痺例で完全麻痺!
 顔面神経減荷術を施行中である。水平部まで減荷したい。耳小骨の処理は?
鼻科学領域
 鼻漏・後鼻漏を訴えるが副鼻腔X線撮影は正常所見!
 鼻閉を訴えるが鼻腔に明らかな異常所見はない!
 反復する鼻出血の出血点がわからない!
 鼻副鼻腔乳頭腫の基部と進展範囲がはっきりしない!
 鼻腔内に易出血性の大きな腫瘤がある!
 手術歴はないが鼻中隔に穿孔がある!
 副鼻腔手術後短期間で頰部痛が生じた!
 副鼻腔手術後に高熱と血圧低下を生じた!
 顔面痛を訴えるが画像診断では異常所見はない!
 副鼻腔手術で髄腋漏が生じた!
 鼻副鼻腔手術で眼球運動障害が生じた!
 鼻副鼻腔手術で頭痛・意識障害が生じた!
 鼻副鼻腔手術で鼻涙管損傷が生じた!
 好酸球性副鼻腔炎で手術をしてもすぐに再燃する!
 止血用バルーンを用いても鼻出血が止まらない!
 嗅覚障害でステロイド点鼻を行っても効果がない!
 免疫療法中にショックを生じた!
 オスラー病で鼻腔植皮術を行っても鼻出血を反復する!
 歯科インプラント治療後に上顎洞炎が生じた!
口腔咽頭喉頭科学・気管食道科学領域
 舌が痛いと訴えるが,明らかな所見がない!
 咽頭に多発性のアフタがあり,咽頭痛を訴える!
 のどのつまりを訴えるが,咽頭・喉頭には特別な所見がない!
 胸焼けと咽喉頭異常感を訴える。咽喉頭逆流症と考えてよいか?
 声帯ポリープか声帯囊胞か鑑別できない!
 喉頭結核を疑うが,なかなか確診できない!
 声帯に白色病変を認めたら癌?
 声が途切れて続かないと訴える!
 嚥下内視鏡検査で誤嚥を認めた!
 強度のいびきと昼間傾眠傾向の幼児が受診した!
 IgA腎症患者の扁桃摘出術の依頼を受けた!
 急性喉頭蓋炎患者に閉塞症状が出ているとき!出ていないとき!
 音声治療はどのような疾患に有効か?
 喉頭微細手術時に十分な喉頭展開ができない!
 片側性声帯麻痺には,甲状軟骨形成術Ⅰ型?披裂軟骨内転術?
 外来での嚥下障害リハビリを依頼された!
 リハビリテーション科の医師から嚥下障害患者の外科的治療を依頼された。嚥下機能改善手術と誤嚥防止手術のどちらが適応?
 食道PTP異物と診断したら,軟性内視鏡下での摘出が最良?
 気管支鏡下異物摘出時に異物が動かなくなった!
頭頸部外科学領域
 外耳癌が強く疑われるのに何度生検を繰り返しても癌の診断がつかない!
 副咽頭間隙腫瘍の症例を紹介されたが,深部にあり生検・細胞診ができない!
 頸部リンパ節に転移癌が見つかったが,原発部位がわからない!
 耳下腺腫瘍の穿刺吸引細胞診で悪性か良性の鑑別がつかない!
 出生時より耳下腺部に血管腫がある!
 甲状腺腫の穿刺吸引細胞診で髄様癌と診断された!
 甲状腺の穿刺吸引細胞診で乳頭癌の診断を得たが,最大径は10mm未満と小さい!
 頸部神経鞘腫の患者さんに手術の必要性,手術の時期を尋ねられた!
 頸動脈小体腫瘍症例でバルンマタステストが陽性となった!
 手術予定の下咽頭癌症例でルビエールリンパ節転移が見つかった!
 下咽頭早期癌に対して経口的手術がどこまで可能かわからない!
 中・下咽頭癌に対する化学放射線療法後,咽頭・食道狭窄をきたした!
 頭頸部癌の局所浸潤が著明なため,切除が不可能!
 頸部リンパ節転移癌が頸動脈に浸潤している!
 手術中に総頸(内頸)動脈を傷つけた!
 耳下腺腫瘍の手術,顔面神経が見つけられない!
 進行中咽頭癌の手術で下顎正中離断が必要かどうか迷ってしまう!
 頸部郭清術後にリンパ漏が生じなかなか止まらない!
 喉頭全摘出術後,咽頭皮膚瘻が生じた!
 舌癌に対する部分切除術後,病理検査で断端陽性という結果が出た!

連載
■古典あれこれ
 耳鼻咽喉科学のパイオニア 日本編16
  後藤修二
■診療つれづれ
 学校保健でのアレルギー事情
■疾患と病態生理
 口腔乾燥症
■手術手技
 私が愛用する手術器具129
  頸部手術における手術器具
  北村氏摂子(長)-嚥下能・音声機能改善手術における使用
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.