ホーム > 

増大号 (消化器内視鏡)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

増大号 (消化器内視鏡)

消化器内視鏡26巻9号(9月増大号)
スキルアップ ESD
判型 B5
頁数 296
発行 2014年9月

ISBN 978-4-88563-464-2

定価:4,840円(税込) 在庫僅少
カートに追加

目次

目次
 ■序説 ESDが変えた内視鏡医療─ESD開発前夜から今後の展望まで
【総論】
 ■ESDのセデーションとモニタリング
 ■切除標本の取り扱いと正しい病理依頼法
 ■ESDのリスクマネージメント
【各論】
食 道
 コラム 中・下咽頭癌に対する治療の試み
 コラム 下咽頭癌に対するESD・ELPS
 ■食道ESDの適応と実施の判断
 ■ESDを前提とした食道病変の術前診断
 ■食道病変に対するスタンダードなアプローチ
 ■代表的な食道ESD後狭窄の予防法
 ■狭窄をきたした場合のマネージメント

 ■胃ESDの適応と実施の判断
 コラム 胃―こんな場合はESDはしない
 ■ESDを前提とした胃病変の術前診断
 ■胃病変に対するスタンダードなアプローチ
 コラム マルチベンディングスコープの特徴と有用性
 ■胃ESD後の2nd-lookは必要か?
 コラム 胃病変に対する全層切除のアプローチ
十二指腸
 ■十二指腸非乳頭部表在型腫瘍に対する治療の動向
 コラム 十二指腸病変に対する内視鏡治療の現状と問題点
大 腸
 ■大腸ESDの適応と実際の判断
 ■大腸病変に対するスタンダードなアプローチ
 ■大腸ESD手技的困難例の対処法
ESD処置具をマスターする
 ■ITナイフ・ファミリーの特徴と効果的な使い方
 ■Hook knifeの特徴と効果的な使い方
 ■デュアルナイフの特徴と効果的な使い方
 ■フラッシュナイフの特徴と効果的な使い方
 ■スプラッシュニードルの特徴と効果的な使い方
 ■ムコゼクトームの特徴と効果的な使い方
 ■SAFEKnifeの特徴とその使い方
 ■SBナイフの特徴と効果的な使い方
 ■Jet Bナイフの特徴と効果的な使い方
 ■ClutchCutterの特徴と効果的な使い方
 コラム 新たな局注剤開発の潮流
視野確保とトラクションの工夫
 ■各種先端フードの特徴と選び方
 コラム ESD困難例における用手圧迫と体位変換による胃の視野確保の実際
 コラム CO2送気の導入
 ■大腸ESD, トンネル法からポケット法への進化
 ■クリップフラップ法のメリットと手技の実際
 ■糸付きクリップの作製方法
 ■エンドリフター®の特徴と効果的な使い方
 ■バンドを用いたトラクションの工夫
 コラム 新たなトレーニングシステムの動向 (動物モデル,トレーニングボックス)
 コラム 海外ESDトレーニング事情
知っておきたいその他の処置具や周辺機器の特徴
 ■代表的な高周波発生装置の特徴と使い方
 ■高周波止血処置具の特徴と使い方
 ■各種クリップの特徴と使い方
知っておきたい偶発症とそのマネージメント
 ■出血の予防と出血時のマネージメント
 ■ESDにおける穿孔の予防と穿孔時のマネージメント
 コラム ポリグリコール酸シート(ネオベール®)とフィブリン接着剤を用いた狭窄・穿孔予防や穿孔の処置―内視鏡的被覆法の有用性
 ■稀であるが知っておきたい重篤な偶発症
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.