ホーム > 

実践インターベンショナルネフロロジー

実践インターベンショナルネフロロジー

実践インターベンショナルネフロロジー
編集代表 池田雅人 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター腎臓・高血圧内科
編集 インターベンショナルネフロロジー研究会

判型 B5
頁数 200
発行 2016年5月

ISBN 978-4-88563-263-1

定価:5,720円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
推薦の言葉
はじめに

第1章 腎生検
 超音波ガイド下での軽量自動式生検針による経皮的腎生検

第2章 バスキュラーアクセス
 1.血管アクセスチェック
 2.超音波診断:バスキュラーアクセスの術前・術後評価
 3.透析用臨時カテーテル(頸静脈,大腿静脈)
 4.長期留置型カテーテル
 5.大腿静脈直接穿刺法
 6.内頸静脈直接穿刺法
 7.AVFと穿刺技術
  1)手首の尺骨動脈―尺側皮静脈吻合法,タバコ窩AVF,および穿刺技術
  2)前腕橈側でのAVF作製
  3)肘部
 8.AVGと穿刺技術
  1)初回手術と周術期管理
  2)穿刺,管理,合併症と修復方法
 9.動脈表在化法

第3章 バスキュラーアクセスインターベンション
 1.VAIVTの適応,狭窄病変に対するVAIVT
 2.閉塞病変に対するVAIVT,VAIVTの限界(外科的再建術の適応)

第4章 腹膜透析関連インターベンション
 1.カテーテル挿入術
  1)下腹部正中アプローチによる腹膜透析留置型カテーテル挿入術
  2)段階的腹膜透析導入法(SMAP)
  3)標準法,SMAP法併用
  4)傍正中切開ノンスタイレットセミロングカテーテル使用法
 2.ペリトネアルアクセスにおける超音波検査の有用性
 3.α修復術
 4.アンルーフィング
 5.PDカテーテル感染に対する出口部変更術
 6.PDカテーテル機能不全に対する下腹部切開示指挿入矯正法
 7.腹腔鏡
  1)ぺリトネアルアクセスからカテーテル修復・抜去まで
  2)腹腔鏡による臓側腹膜観察の有用性
 8.カテーテル抜去術
  1)局所麻酔
  2)全身麻酔

第5章 若手医師の育成

おわりに
索  引

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.