ホーム > 

最新 ボタンホール穿刺法

最新 ボタンホール穿刺法

最新 ボタンホール穿刺法
著者:當間茂樹 新里高弘 早川邦弘 佐々木正富 西原眞由美 坂井瑠實

判型 B5
頁数 120
発行 2016年6月

ISBN 978-4-88563-266-2

定価:4,180円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
Ⅰ ボタンホール穿刺法の歴史
 1.歴史の概要
 2.ボタンホール穿刺法の誕生
 3.シャープニードルからダルニードルへ
 4.ボタンホール穿刺法の広がり
 5.ダルニードルの開発
 6.ボタンホールトンネルの作製
 7.トランポリン現象
 8.痂皮の除去
 9.アクセス血管関連感染症
 10.おわりに
Ⅱ ボタンホール穿刺法におけるアクセス血管関連感染症
 1.アクセス血管関連感染症の頻度
 2.アクセス血管関連感染症の原因菌
 3.アクセス血管関連感染症の成立メカニズム
 4.細菌がボタンホールトンネルへ侵入するメカニズム
 5.アクセス血管関連感染症の防止
 6.おわりに
Ⅲ ボタンホール穿刺法の利点
 1.穿刺痛の軽減
 2.止血時間の短縮
 3.アクセス血管寿命の延長
Ⅳ ボタンホール穿刺法の問題点とその解決
 1.トランポリン現象
 2.痂皮の除去
 3.ダルニードル内での血液凝固と静脈圧の上昇
Ⅴ ボタンホール穿刺法の実際
 1.消毒薬の準備
 2.第1段階:ボタンホールトンネルの作製
 3.第2段階:ダルニードルを用いたボタンホール穿刺
Ⅵ 在宅血液透析における自己ボタンホール穿刺法
 1.在宅血液透析(home hemodialysis:HHD)における自己穿刺
 2.ボタンホールトンネルの作製
 3.ボタンホール穿刺の実際
 4.HHD患者におけるボタンホール穿刺の管理
 5.HHD患者におけるボタンホール穿刺の感染リスク
 6.おわりに
Ⅶ 表在化動脈へのボタンホール穿刺法の適用
 1.大腿動脈および上腕動脈の表在化バスキュラーアクセス
 2.わが国における動脈表在化バスキュラーアクセス
 3.上腕動脈表在化バスキュラーアクセスの現況
 4.上腕動脈表在化バスキュラーアクセスの適応
 5.上腕動脈表在化の手術
 6.シャープニードルによる表在化動脈の穿刺
 7.動脈表在化バスキュラーアクセスへのボタンホール穿刺法の適用

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.