ホーム > 

思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド

思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド

思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド
監修:日本腎臓学会・日本小児腎臓病学会
編集:厚生労働省難治性疾患克服研究事業難治性腎疾患に関する調査研究班

判型 A4変型
頁数 140
発行 2016年10月

ISBN 978-4-88563-268-6

定価:3,080円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
厚生労働省難治性疾患克服研究事業難治性腎疾患に関する調査研究班
巻頭言:日本腎臓学会
巻頭言:日本小児腎臓病学会
前 文
主要略語

1章 移行医療の概念・意義
CQ1 思春期・青年期のCKD患者に対し,成人診療科への転科を推奨するのはなぜか?
CQ2 思春期・青年期のCKD患者において,小児科医が継続的に診療に関わる方が望ましい疾患はあるか?

2章 移行プログラム
総論 移行プログラムとは
 Q1 移行プログラムの具体的活動は何か?
 ① 移行プログラムが行う支援・教育内容は何か?
 ② 移行プログラムの対象者は誰か?
 ③ 移行プログラムを進めるうえで利用できるツールや教育資料は何か?
 ④ 移行プログラムを推進する人材に求められる資格,技能は何か,また教育研修はどのように行うか?
 Q2 腎臓内科医や腎臓小児科医は,移行プログラムに関する研修を受講すべきか?
 Q3 移行プログラムに必要な資源(人材,設備,体制など)は何か?
 ① 移行プログラムを構成するチームメンバーは誰か?
 ② 移行プログラムを構成するのに必要な体制は何か?
 ③ 移行プログラムを運営するために必要な経費と財源は?
 Q4 移行プログラムの成果は何か?
 Q5 移行プログラムは患者個々のプログラムを提供すべきか?
 Q6 移行期間には,腎臓小児科医や腎臓内科医は患者の心理的問題にどのように対応すべきか?
 Q7 腎臓小児科医は思春期・青年期のCKD女性患者に妊娠時の危険性,内服薬による催奇形性に関して説明すべきか?
 Q8 腎臓小児科医,腎臓内科医は患者の就学,就職,結婚・出産にどのように対応すべきか?
 Q9 小児透析患者に移行プログラムを適応すべきか?
 Q10 小児腎移植患者に移行プログラムを適応すべきか?
 Q11 移行期間には,腎臓小児科と腎臓内科の併診期間を設ける必要があるか?
 Q12 腎臓小児科医は転科を拒む患者への対応をどうするべきか?
 Q13 腎臓内科医や腎臓小児科医は転科後,患者が小児科に戻りたいと言ってきたときの対応はどうするか?

3章 思春期・青年期の腎臓病:診断・治療・管理
 CQ1 思春期・青年期のCKD患者では,たんぱく質制限や塩分制限などの食事療法は腎機能予後を改善させるか?
 CQ2 運動制限は思春期・青年期のCKD患者の腎機能予後を改善させるか?
 CQ3 思春期・青年期のCKD患者では,肥満やメタボリックシンドローム(MetS)は腎機能予後や生命予後を悪化させるため,体重の適正化などの加療が推奨されるか?
 CQ4 思春期・青年期のCKD患者の成長障害に対して,どのような対応をすればよいか?
 CQ5 小児期に生ワクチンを接種できなかった,あるいはそれらの抗体が陰性の思春期・青年期のCKD患者に対し,感染予防のために生ワクチン(再)接種は推奨されるか?
 CQ6 腎性貧血を伴う思春期・青年期のCKD患者では,赤血球造血刺激因子製剤(ESA)を用いた治療目標Hb値はどれくらいか?
 CQ7 高血圧を伴う思春期・青年期のCKD患者では,降圧療法は腎機能予後を改善させるか?
 CQ8 思春期・青年期のCKD患者において,使用に際して注意すべき薬剤にはどんなものがあるか?
 CQ9 腎生検が実施されていない思春期・青年期のCKD患者では,腎機能予後を改善するために腎生検は推奨されるか?
 CQ10 思春期・青年期のIgA腎症患者には,口蓋扁桃摘出+ステロイドパルス療法は,腎機能予後を改善するために推奨されるか?
 CQ11 思春期・青年期の頻回再発型ネフローゼ症候群(FRNS)・ステロイド依存性ネフローゼ症候群(SDNS)の患者には,再発予防や副腎皮質ステロイドの減量のために免疫抑制薬療法は推奨されるか?
 CQ12 思春期・青年期のループス腎炎患者では,腎機能予後を改善するために免疫抑制薬療法が推奨されるか?
 CQ13 思春期・青年期のCKD患者では,どのような腎代替療法が推奨されるか?

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.