ホーム > 

次号予告 (小児内科)

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

次号予告 (小児内科)

小児内科51巻11号(11月号)
バイオサイコソーシャルモデルで行う小児科診療
―小児に根差す生物・心理・社会的医療とは

判型 B5
頁数 140
発行 2019年11月


定価:3,080円(税込) 販売予定

目次

序―Biopsychosocial modelで行う小児科診療とは?……五十嵐 隆
〔総論〕
バイオサイコソーシャルモデル(BPS model)とは……稲毛康司
Bright Futuresの考え方―バイオサイコソーシャルモデルの視点から……阪下和美
子どもと家族を支援するBPSとは……窪田 満
子どもの健康に影響を与える社会的要因……賀藤 均
予期的ガイダンスとは……田中恭子
〔各論〕
生理・身体面の評価
 成長……伊藤純子
 栄養・食事……時田万英
 歯の健康……足立了平
心理・精神面の評価
 発達……渕上達夫
 親子関係……高橋謙造
社会・環境面の評価
 家族関係……上別府圭子
 家族へのサポート……井上絵未
 貧困……佐藤洋一
 子ども虐待の予防……東海林宏道
年齢群別:バイオサイコソーシャルモデルで行う健診……小倉加恵子
バイオサイコソーシャルモデルで考える小児慢性疾患
 小児糖尿病……浦上達彦
 Bio-Psycho-Social modelから見た発達障害……平岩幹男
 ダウン症候群……玉井 浩
 医療的ケアを必要する児……島袋林秀
 小児がん経験者……富澤大輔
 先天性心疾患……賀藤 均
バイオサイコソーシャルモデルで考える災害復興期の小児に対する支援……井田孔明
日本版Bright Futuresを目指して……岡  明
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.