ホーム > 

次号予告 (小児内科)

次号予告 (小児内科)

小児内科52巻2号(2月号)
小児科クリニックの醍醐味と課題
判型 B5
頁数 140
発行 2020年2月


定価:3,080円(税込) 販売予定

目次

〔総論〕
クリニックの面白さ……横田俊一郎
勤務医から開業医へのトランジッション―クリニック開業before-after……須貝雅彦
小児科クリニック,運営の課題―経営・スタッフ……池澤千恵子
外来小児科学―クリニック診療を学問として学ぶ……田原卓浩
〔各論〕
診療
 外来診療の技法をどう学んできたか―外来診療を学ぶシステム,診療報酬に基づいた診療……熊谷直樹
 クリニックで作る診療ガイドライン……中村 豊
 サブスペシャルティの活かし方……宮崎雅仁
 発達障害や心理的問題への対応……秋山千枝子
 個別乳幼児健診・予防接種の工夫とクリニック運営における重要性……吉永陽一郎
 地域連携は顔の見える関係作りから……相原雄幸
 どうしたら在宅医療に取り組めるか……宮田章子
 病院と連携した時間外対応……崎山 弘
 診療の質を高めるために―スタッフ教育の必要性とその方法……山本 淳
 クリニックでの電子カルテの活用法……西村龍夫
研究
 小児科クリニックでしかできない研究……牟田広実
 クリニックをフィールドとした大規模研究……永井崇雄
 小児科クリニックで研究を行ううえでの問題点……杉村 徹
教育
 開業医として新しい医学知識をどのように習得するか……松下 享
 医学生・研修医・専攻医教育への参画……川村和久
 薬剤耐性(AMR)対策活動への参画……橋本倫太郎
クリニックから地域社会へ
 クリニックでできるアドボカシー活動―子育て支援,貧困対策,障害者支援……蜂谷明子
 行政の事業への協力―行政・教育との連携……黒木春郎
 園医・学校医活動の必要性と問題点……谷村 聡
 なぜ病児保育,児童発達支援事業に取り組むのか……大川洋二
 医師会・医会活動にかかわることの意味……林 泉彦
 政治的な活動の必要性―成育基本法の成立過程から振り返る……神川 晃
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.