ホーム > 

最新号 (周産期医学)

最新号 (周産期医学)

周産期医学51巻12号(12月号)
ワクチンの進歩と重要性
判型 B5
頁数 132
発行 2021年12月


定価:3,190円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
総論
 ワクチンの歴史……中野貴司
 ワクチンの免疫学的機序と効果……吉川哲史
 ワクチン研究の最前線……和田雄佑 他
 世界と日本のワクチンの疫学・接種率……堀越裕歩
 ワクチンと副反応・アレルギー……山本貴和子
 予防接種健康被害救済制度……岡部信彦
 病院感染対策とワクチン(医療従事者へのワクチン投与)……寺田喜平
 開発が期待されるワクチン―サイトメガロウイルスワクチン……岡田賢司
COVID-19
 新型コロナウイルスワクチンの現状……中山哲夫
 SARS-CoV-2と周産期医療……中井章人
 SARS-CoV-2と新生児医療……大城 誠
周産期とワクチン
 妊婦へのワクチン投与の効果と注意点……早川 智 他
 妊婦ワクチン知識の社会的啓発……倉澤健太郎
 HPVワクチン……川名 敬
 妊婦とインフルエンザワクチン……鈴木俊治
新生児・乳児とワクチン
 最新のワクチンスケジュールと変更点……三輪(中村)晴奈 他
 ロタウイルスワクチン(接種方法,接種後の対応,腸重積との関係)……中嶋有美子 他
 四種混合ワクチン(DPT-IPV)~百日咳を中心に……村上 楽 他
 HBユニバーサルワクチネーション……乾あやの 他
 NICU入院児へのワクチン接種……齋藤昭彦
 周術期とワクチン……遠山悟史
 RSウイルスの重症化予防・ワクチン……橋本浩一
 免疫不全症スクリーニングとワクチン接種……今井耕輔

症例 胎児診断された胎児耳下腺囊胞の一例……藤森啓太 他
症例 待機的管理により経腟分娩後3か月で自然排出した胎盤用手剝離後遺残胎盤の一例……水津枝理 他
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.