ホーム > 

小児急性血液浄化療法ハンドブック

isho.jp

公式twitter

取り扱い書店

小児急性血液浄化療法ハンドブック

小児急性血液浄化療法ハンドブック
監修 伊藤秀一・和田尚弘

判型 B6変型
頁数 240
発行 2013年7月

ISBN 978-4-88563-224-2

定価:3,520円(税込) 在庫僅少
カートに追加

目次

目次
総 論
1 わが国における小児急性血液浄化療法の実態
2 小児急性血液浄化療法の基本的事項の理解(種類・理論)
 Ⅰ.血液浄化療法の基本的考え方
 Ⅱ.急性血液浄化療法の種類

各論1(技術):実際の方法
1 病態別の導入基準,条件設定と注意点(含むモジュール選択)
 Ⅰ.Renal indication(腎的適応=腎補助を目的とした場合の適応)とnon-renal indication(非腎的適応=腎補助以外を目的とした治療の適応)
 Ⅱ.各病態における導入基準,条件設定と注意点
2 バスキュラーアクセスとカテーテル管理のコツ
 Ⅰ.カテーテルの種類
 Ⅱ.カテーテルの選択
 Ⅲ.留置血管の選択
 Ⅳ.カテーテル挿入時の注意点
 Ⅴ.カテーテルの管理
 Ⅵ.閉塞予防
 Ⅶ.閉塞時の対応
 Ⅷ.カテーテル感染時の対応
3 小児血液浄化療法の透析装置,モジュール,周辺機器
 Ⅰ.血液浄化装置
 Ⅱ.モジュール
 Ⅲ.周辺機器
4 プライミングから開始まで
 Ⅰ.物品の準備
 Ⅱ.濾過装置および回路と血液の流れ
 Ⅲ.回路の組み立てとプライミング
 Ⅳ.回路の組み立てとプライミングにおける注意点
 Ⅴ.血液プライミング
 Ⅵ.治療開始
 Ⅶ.抗凝固薬
5 急性血液浄化療法中の薬剤の使用法と注意点
 Ⅰ.一般的な小児の薬物動態の特徴
 Ⅱ.腎不全,肝不全に共通した分布容積の変化
 Ⅲ.腎不全時
 Ⅳ.肝不全時

各論2(病態別)
1 急性腎障害(AKI)
 Ⅰ.定義,概念
 Ⅱ.原因とhigh risk群
 Ⅲ.病因,病態
 Ⅳ.治  療
 Ⅴ.AKIの薬物動態
 Ⅵ.AKIの栄養と食事療法
 Ⅶ.予  後
2 急性肝不全
 Ⅰ.劇症肝不全の定義と予後
 Ⅱ.一般管理
 Ⅲ.人工肝補助療法
 Ⅳ.人工肝補助療法を施行する際の技術的な注意点
 Ⅴ.劇症肝不全の治療についての今後の課題
3 先天性代謝異常症に対する急性血液浄化療法
 Ⅰ.(何を)除去すべきもの
 Ⅱ.(いつ)開始基準
 Ⅲ.(どのように=方法)急性血液浄化療法の選択
 Ⅳ.(どのように=条件)条件設定
 Ⅴ.(どのように)チーム医療
 Ⅵ.(どのように)酸塩基平衡異常の視点から
 Ⅶ.(いつまで)中止時期
4 敗血症/多臓器不全
 Ⅰ.概念と定義
 Ⅱ.基本病態
 Ⅲ.敗血症/多臓器不全に対する急性血液浄化療法
 Ⅳ.考  察
5 血液腫瘍疾患
 Ⅰ.腫瘍崩壊症候群(tumor lysis syndrome:TLS)
 Ⅱ.TLS診療ガイドライン
 Ⅲ.TLS発症予防措置
 Ⅳ.TLSとAKI
 Ⅴ.TLSに対するRRTの考え方
6 急性脳症
 Ⅰ.急性脳症の病態
 Ⅱ.急性脳症における急性血液浄化療法
 Ⅲ.急性脳症に対する急性血液浄化療法を利用した高浸透圧治療
7 心疾患術後(ECMO含む)
 Ⅰ.心疾患術後の病態
 Ⅱ.非ECMO症例の急性血液浄化(CHDF,PD)
 Ⅲ.ECMO症例の急性血液浄化
 Ⅳ.心疾患術後循環器疾患に対するCHDFによる特殊な電解質管理
8 自己免疫疾患(膠原病,神経・筋疾患,川崎病)
 Ⅰ.単純血漿交換法
 Ⅱ.二重膜濾過血漿交換法(double filtration plasmapheresis:DFPP)
 Ⅲ.PE,DFPPの適応がある免疫疾患
9 ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群(LDL-A)
 Ⅰ.ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群と治療
 Ⅱ.ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対するアフェレシス
 Ⅲ.ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対するアフェレシスの実際
10 薬物中毒
 Ⅰ.血液浄化療法の適応
 Ⅱ.血液浄化療法の適応を考えるうえで考慮するべき原因物質側因子
 Ⅲ.血液浄化療法の選択
 Ⅳ.小児薬物中毒として頻度の高い原因物質
11 新生児・低出生体重児への血液浄化療法
 Ⅰ.新生児・低出生体重児への血液浄化療法の現況と問題点
 Ⅱ.体外循環を用いた急性血液浄化療法の実際

各論3(腹膜透析)
1 緊急腹膜透析(緊急PD)
 Ⅰ.小児緊急PDの特徴
 Ⅱ.小児緊急PDの適応
 Ⅲ.小児緊急PDの導入―カテーテル留置
 Ⅳ.小児緊急PDの導入―透析開始
 Ⅴ.小児緊急PDの継続
 Ⅵ.小児緊急PDの終了
2 低出生体重児のPD(CFPDを含む)
 Ⅰ.低出生体重児のAKIに対する治療
 Ⅱ.実際のPDの方法(1)通常のPD
 Ⅲ.実際のPDの方法(2)持続注入腹膜灌流(continuous flow peritoneal dialysis:CFPD)
 Ⅳ.そのほかの一般的な注意事項
索 引

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.